名古屋に住んでる私の友人の消費者金融での話

私には生まれも育ちも名古屋市の友人がいます。その友人はお金にうるさく、他人にお金を借りたり、あるいは貸したりすることもなければ、銀行などの金融機関でお金を借りることもありませんでした。なぜお金の貸し借りをしないのかをその友人に聞いてみたところ、幼い頃から親にそういうふうに躾をされてきたと言ってました。
そんな友人がある日、某大手消費者金融機関でお金を借りると言い始めました。なんでも急な事情でまとまったお金が必要になったとのことです。もちろんできれば消費者金融でお金を借りるのは嫌だと言ってきたので、それなら私がお金を貸すというと、万が一のことを考えると、友人関係が壊れる可能性があるから嫌だと言ってきました。
そこまで言われるとさすがにお金を借りることを止めることはできませんでした。その後、お金を無事に借りて無事に返済まで行ったと報告があり、お金に対する価値観が変わったとも言ってました。どのように価値観が変わったのか聞くと、お金を借りたり貸したりすることはそれほど危険ではなく、コントロールできる範囲を超えることが危険なんだと言ってきました。
正直、思考が決して柔軟とは言えない友人が、たった一回の経験でここまで価値観が変わるとは思ってもいませんでした。皆さんの中に、私の以前の友人のようにお金を借りるのが危険だと思っているのであれば、一度消費者金融などでお金を借りてみると良いかもしれません。もしかしたら私の友人と同じように考えや価値観が変わるかもしれません。

関連記事